Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
・お腹いっぱいで気持いい?
こんにちは、自律神経ナビゲーターの鈴木です。

あなたはイライラした時などに、無性に何かを食べたくなることはありませんか?
もしくはお腹が減ってイライラするときはありませんか?

コレには自律神経が深く関わっているのです。

食べるという行為で一番働くのは、口・食道・胃・小腸・大腸などの消化器系です。
これらは全て副交感神経が動かしています。

人間(生物)は、食べ物を食べると消化器系を働かせるために副交感神経が働くようになっています
そしてこの副交感神経は、リラックスする神経でもありす。

そのため食べるとリラックスできるのですね。リラックスを通り過ぎて眠くなったりもします。笑


食べる

副交感神経が消化器系を動かす

副交感神経が働くので、リラックスする

副交感神経が強く働くと眠たくなる



これは無条件反射です。
人は食べると副交感神経が自動的に働くのです。
それを人間は無意識に知っているのです。
ですからイライラすると、何か食べたくなったりするのですね。


怒ったりしているときにでもお腹いっぱいに食べると…

「ふ〜」

と落ちついたりします。
あなたもそんなコトありませんか。笑


ストレスが多い方は「何か食べる」ということで、副交感神経を働かせてリラックスさせる方法もあります。

しかしこれは注意が必要です。

もちろん、体重が増えるという問題もありますが、もっと重要な問題があるのです。

それは極度のストレス状態ですと、消化器系の働きが悪くなるからです。


では、順を追ってご説明いたしますね。
続きは、コチラから↓

空腹と交感神経と副交感神経


自律神経失調症の整体 健療施術院
posted by: 自律神経ナビゲーター | 自律神経失調症の解説 | 10:15 | comments(10) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:15 | - | - |
いつもブログ読ませて頂いてます。 私は自律神経失調症になりたての頃、食事が出来なくなって、生理が止まるほど痩せてしまいました。けど、ある出来事をきっかけに、日常的に過食する様になってしまいました。胃が痛くなってお腹もパンパンなのに辞められず、とても苦しくて死にたかったです。 でも、今回の記事を読んで、体が『もっと副交感神経を動かせ〜!』って言ってるのかもしれない…と思いました。自律神経失調症の症状としては、食欲不振の方がメジャー(?)な様な気がして…。それも辛いのですが、過食も辛くて…。
| 仁美 | 2007/02/27 12:58 PM |
仁美さん、こんにちは。
お返事遅くなりました。

コメントありがとうございます。
そうですね、過食はもっと副交感神経を働かせて欲しいという、信号なのですね。
確かに自律神経失調症は食欲不振や不眠症が多い症状です。

過食の場合、もう一つの隠れた信号があります。
それは過食で得ているモノが過食がないと足りないのです。

何を言っているか分かりませんよね。笑
これは次回の記事にしたいと思います。
お楽しみに!

| 自律神経ナビゲーター鈴木 | 2007/03/03 9:16 PM |
初めまして!5年前くらいに自律神経失調症になってしまい、それ以来いろいろな治療法を探しています。
今年になって、鈴木さんのサイトを見つけました。今まで読んだものの中で心から納得できるのが、鈴木さんの文章でした。感謝しています。本当にありがとうございます。
 実は最近、3週間の断食に行きました。胃腸がうまく動いていないのに過食していると感じたのです。やってみて、体も軽くなり前よりだいぶ良くなったように感じるのですが、やっぱり食べ過ぎてしまいます。膨満感やガスや、体が欲しがってないのに食べている感じがします。鈴木さんが書いているように、リラックスを必要としているからなのでしょうか?!他の方法で副交感神経を働かせることができれば、食べなくても済むようになりますか。。
| 藍 | 2007/06/15 10:36 PM |
藍さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

あくまでも推測ですが、文章を拝見する限りでは、やはり副交感神経を働かせたいがために食べてしまっているようです。

藍さんの場合、胃腸が活発に動き、お腹がすいているわけではなさそうです。

リラックスもそうですが、満足感を食事以外のものから得られると、過食はなくなりますよ。

自分の好きなこととか、やりたいことをやってみてはいかがでか?

基本的にはお腹がすくまで食べないようにするのがいいと思います。
鈴木さん、お返事有り難うございます!

食べることは元々とても好きなのですが、言われる通り何かを発散したり、埋める為に食べている、という気はしています。好きなだけにおいしいと思えずに食べるのはくやしい・・。
食の中毒になっているんでしょうね。
コーヒーや甘いものも良くないとどこかで書かれていましたね。

何か、探してみます。

それから、もうひとつお聞きしたいのですが、今私が書いている携帯電話のブログで鈴木さんのサイトについて書かせていただいでもいいでしょうか。
自律神経失調症やうつ病の存在意義・初級講座の文章がとても好きだと思ったんです。

Amebaという携帯ブログで「自律神経日記」を書いています。

| 藍 | 2007/06/17 9:14 PM |
藍さん、こんにちは。
食べることが好きだと、お腹がすかないのは残念ですよね。

コーヒーというよりカフェインは取らない方がいいですね。
甘いものも取らない方がいいですね。

携帯サイトでの私のサイトのご紹介ですが、どうぞご紹介してください。
たくさんの方にご覧いただけると、私もうれしく思います。


ありがとうございます。
携帯サイトに書かさせていただきます。
書いたら、urlお送りします!
| 藍 | 2007/06/18 9:40 PM |
鈴木さん

連絡が遅くなりすみません。
鈴木さんのサイト「ココカラ」のうつ病・自律神経失調症の存在意義の文章から、引用させていただき、そしてウェブサイトを紹介させていただきました。

urlを書いておきます。
もし、何か違うと思った点などありましたらお知らせ下さい。

http://ameblo.jp/vegetacija/entry-10037390796.html

「自律神経日記」です。

そして、もうひとつ。
質問なのです。副交感神経が夜寝ている間に働いてくいるのに、なぜ眠る前に何か食べるともたれたり、次の日に下したりするんでしょう???もちろん、体に良くないこととは分かって居るのですが、ふと疑問に思いました。
| | 2007/07/05 4:37 PM |
藍さん、こんにちは。
宣伝していただいてありがとうございます。
ちょっと照れますね。笑

ちなみに、副交感神経が働くからといって常に胃腸が働くわけではないのです。
夜は胃腸だって寝たいんですね。笑


こんばんは。
返コメントありがとうございます。
ブログも読んでいただいたんですね。
すいません。その他の記事でも、「ココカラ」の内容をかなり参考にさせていただいています・・。

16日に行われる、講習会に行かせていただきます!
お話し聞けるのが、今から楽しみです。

胃腸も夜には寝たいのですね。なるほど。
ありがとうございました。
| | 2007/07/06 8:59 PM |









この記事のトラックバックURL
http://jiritu.jugem.jp/trackback/7
トラックバック
2007/02/27 11:27 AM
今まで見てきた中で、ひとつ導き出される結論がありますが、それは、お互いに100パーセント期待し合わないということではないでしょうか?(勝手にトラックバックさせていただきましたご無礼お赦し下さいませ。貴ブログ大変参考になりましたもので…もし、不快に感じ
人間関係のサプリメント@人間関係に悩む現代人への心のビタミンABC