Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
のどの違和感や息苦しさや咳の対策

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

 

こんにちは、健療院グループの鈴木です。
ゴールデンウイークが終わり、
日常が戻っている頃でしょうか?
非日常も大切ですが、日常も大切ですので、
日常も楽しく過ごせるといいですね。

さて前回は「言葉を飲み込むと、のどに違和感が起こる原因」をお伝えいたしました。
今回はこの続きになります。

このブログの二回前からの内容をまとめますと…

・言葉を飲み込む(言いたいことを我慢する)と、のどにある咽頭収縮筋が緊張し続ける
・咽頭収縮筋は自律神経で支配されているため、
緊張し続けると自律神経失調症になり、不眠や不安が出てくる

ということでしたね。


まず一番やって欲しいことは
大きな声を張り上げることです。

「あー」でも「わー」でもいいので
大きな声を出すことが必要です。

なぜなら、大きな声を出すと
緊張し続けた咽頭収縮筋がゆるんでくるからです。

大きな声というのは、のどを開かないと出てきません。
咽頭収縮筋はのどを閉じる筋肉ですので、
大きな声を出すということは、
咽頭収縮筋がリラックスしていることになるのです。

言いたいことを言わないで我慢し続けた方は
言葉を飲み続けた方であり、
咽頭収縮筋を緊張させ続けた方でもあります。

そのため、最初はのどを開くことができず
大きな声が出ない方もいると思います。
これは咽頭収縮筋が緊張してこっているようなものですので、
肩こりと一緒だと思ってください。

肩をリラックスしたり肩を使ったりしないと
肩こりが解消されないように、
咽頭収縮筋もリラックスしたり使ったりしないと
緊張が緩まないのですね。

ですから、できる限りでかまいませんので
大きな声を出す練習をしてください。
練習をしていればそのうち大きな声が出るようになります。
それは咽頭収縮筋の緊張が取れてきている証拠でもあります。


しかしこれをやるには少し問題があります。
日常では大きな声を出すところが少ないということです。
ゴールデンウィークに山に行かれた方もいると思いますが、
山の上で「ヤッホー」と大声を出す人も
最近では減ってきましたので、
やるとちょっと恥ずかしいかもしれません。笑

また、よほど広い家でもないと自宅では出しづらいですよね。
近所迷惑にもなるし、
頭がおかしくなったんじゃないかと思われてしまいます。笑
すると、無意識にまた咽頭収縮筋を緊張させてしまいます。


やはり、一番いいのはカラオケボックスとかですかね。
大きな声を出すことが普通ですので、誰にも遠慮はいりません。
何か好きな歌を歌ってもいいでしょう。
しかしこの場合、「上手に歌おう」とは思わないでください。

上手に歌おうとすると、
微妙に咽頭収縮筋を緊張させることもあります。
また、上手に歌えないと大きな声を出さなくなってしまいます。
ここでの目的は「大きな声を出す」ということですから、
歌の上手下手はわきに置いといてください。

また日常で大きな声を出すには、
お風呂の湯船の中に顔を沈めてでもできます。
水は防音効果がありますので、近所に響くことはありません。
息継ぎには注意してくださいね。笑


さて、三回にわたり「言葉を飲み込む」について
お伝えいたしましたがいかがでしたでしょうか。
今回の主役は「咽頭収縮筋」でしたが、
このように筋肉は心の状態を如実に表しています。
逆に言うと筋肉の緊張が過剰に起これば
心はいい状態にはなれません。
リラックスもできないし、やる気も起こりません。
不安にもなります。

本日お伝えした対策を行っても十分に改善されない方は
健療院グループの各院にご相談ください。

「体を元気にして心を元気にする」というのが
健療院グループのモットーになります。
色々な症状でお困りの方もいるでしょうが、
体のケアーも忘れずになさってくださいね。


健療院グループ 総院長 鈴木直人


* ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ *

うつ・自律神経失調症の専門
整体&カウンセリング 健療院グループ

健療施術院 藤沢辻堂本院   院長 鈴木直人
http://www.etc-karada.com/kenryou

川崎分院:川崎整体健療院   院長 飯島淳
http://www.kenryou.in

代々木上原分院:代々木上原健療院   院長 佐藤優
http://www.kenryou.jp

上野分院:上野整体健療院   院長 田島健次
http://www.ueno-kenryou.com

 

当メルマガ筆者の鈴木直人が、うつ病や自律神経失調症の
整体法やカウンセリングを直接指導した先生方が全国にいらっしゃいます。
当院が遠くてご覧院できない方は、こちらも参考にしてください。
http://www.jiritunavi.com/semi-ninntei.html


自律神経失調症・うつ病ナビ  ココカラ
http://www.jiritunavi.com/

女性のためにうつ病の手ほどき
http://www.utsu.asia/

自律神経失調症net大辞典
http://www.la-rossa21.net/

【 鈴木直人の著書 】
うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

posted by: 自律神経ナビゲーター | うつ病と自律神経失調症 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









この記事のトラックバックURL
http://jiritu.jugem.jp/trackback/166
トラックバック