Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
・昼夜逆転
こんにちは、自律神経ナビゲーターの鈴木直人です。
ゴールデンウィークが終わり、一週間がたちましたが、ご機嫌はいかがですか?

ところで昼夜逆転という言葉を知っていますでしょうか?

自律神経失調症やうつ病などの方に、たまにこんな質問されます。
「昼夜逆転を治すにはどうしたらいいですか?」

昼夜逆転とは、昼に眠くなって夜は目がパッチリと覚めてしまう状態です。
ですから、多くの人が行っている「出勤」や「登校」をするのがかなり大変です。

はたから見ると、「早く寝ればいい」という感じですが、
実は昼夜逆転とはそんなに簡単なことではないのですね。


なぜ、昼夜逆転になるのか?


人間には、(人間でなくとも哺乳類は全部)脳の中に視交叉上核というのがあり、ココが24時間の体内リズムを作っています。
ですから体は、時計を見なくとも大まかな時間ぐらいは分かります。
昼夜逆転の人は、この視交叉上核が機能していないかというと、そんなこともありません。


以前お伝えしましたが、我々の体に出てくる症状には、必ず肯定的意味があります。

例えば、風邪をひいて熱が出るのは、免疫系を活性化させているのです。
自律神経失調症になるのは、これ以上、脳と体に負担をかけさせないようにしているのです。

もちろん、昼夜逆転にも肯定的意味があります。


昼夜逆転の肯定的意味は「刺激から離れること」です。
日中は自分だけではなく、周りも常に動いています。人もたくさん出ているし、大きい音もするし、明るい。

これら全ては体内では刺激として情報が入ります。

実は体内では小さな刺激でもそれに対応して動いております。明るさが変われば、瞳孔がそれに合わせて小さくなったり大きくなったりします。知らない人と会えば、脳はその人が危険な人じゃないかを無意識に探っています。


体力が少なくなっているときには、この刺激に対応するだけで、大そうな疲労が感じられるようになります。
そのため、無意識に刺激から離れようとします。すると刺激の少ない夜に行動を起こすことになります。


例えば、職場や学校などの人間関係という刺激から逃れたいと思っていると、無意識に昼夜逆転を起こす場合があります。

ただ、刺激から逃げることは大切なのですが、いつまでもそのままでは社会的生活を営めなくなります。


多くの昼夜逆転の方は、刺激を増幅して受けています。
どういうことかというと、想像性防衛本能が働き、物事を悪い方に考えて防衛しようしているのです。(想像性防衛本能の詳しいことはこちら)


そのため、1の刺激が脳では10の刺激だと感じてしまいます。

一般的に言うと、「感受性が高い」という状態です。
こんな時人は、物事を悪く悪く考えてしまいます。


さて、こんな時はどうすればいいのでしょうか?


それは、リフレーミングをするのが一番簡単です。
リフレームとはフレーム(枠組み)を変えるという意味です。

つまり今起きている刺激(ストレス)の意味合いを変えてみるということです。
小難しいことを言いますが、簡単に言うと「いいように取る」ということです

人生を歩むうえでの前提として、
「あなたに起きる全ての出来事は、
あなたにとってプラスになる出来事です。」
ということを知ってください。


ちょっと極端な例ですが、例えば恋人と別れた場合、
「別れちゃった。悲しい」
ではなく、
「次はどんないい人と出会えるんだろう」
などと考えます。

これは解雇された場合も一緒です。
「次はどんな楽しい仕事に付けるんだろう」

こう思えると顔も明るくなり、次の就職の面接にも有利というものです。


「そんなこと出来ない」と思われる方もいると思います。
そんなんです、簡単に出来るなら、人は昼夜逆転になんかになりません。笑


ですから多少無理やりにでもリフレーミングします。


ゲームだと思ってください。
そう、悪い出来事が起きた時は、リフレーミングゲーム大会です。笑

一人でやってもいいし、お友達に状況を話して、リフレーミングのことも教えて、お友達とリフレーミングを出し合ってもいい。一番いい意味を出した人が勝ちです。笑

いいリフレーミングが出来ると、思わず「おお〜〜」と声が上がります。


人間はイメージした通りの人生を歩むと言われます。
良いイメージを持ち続けることは、あなたの脳や体にもとてもいい状態を作り上げます。

さぁあなたも人生のリフレーミングゲームに参加しよう!



自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
posted by: 自律神経ナビゲーター | 自律神経失調症の解説 | 06:52 | comments(16) | trackbacks(0) |
はじめまして。
今うつ病になり闘病中です。
睡眠時間が昼夜逆転してしまって、なかなか直せず悩んでいたときに、このブログに出会いました。
自分にあてはまるかはわかりませんが、何か理由があるかもしれないと思えただけでも助けになりました。
ありがとうございます。
私もリフレーミングゲームに挑戦してみます。
| calmy | 2007/05/19 11:21 PM |
calmyさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

人生、理由のないことは起こりません。
うつ病も同じなんですよ。
ちゃんと理由があります。

その理由は、コメントの文面からでは分かりませんが、何かあると思いますよ。


リフレーミングゲームにご参加いただけるようで、ありがとうございます。
まずは今の状況をリフレーミングしてみてください。笑

思わず「クスッ」と笑えるものが出るといいですね。
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/06/06 5:30 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/06/06 5:38 PM |
お返事の方かなり遅れました。
日記4/11の方で書いていた梨絵です。
蕁麻疹などは変わらず
今は薬をもらって少しずつ治すよう努力しています!! 
ここに載ってあるうつ病のしんだんなどをすると重い鬱の手前(?)みたいな診断結果が出るんですけどうつ病になっているんでしょうか?他のネットのうつの診断をやってみても同じような答えなんです…。

もう1つ相談があります。
私は,3年生の時に親が離婚しました。
理由はお父さんの浮気。
2年生の終わり頃お父さんの浮気が発覚し,お母さんは何処にいるのかもわからないのに必死でお父さんを探して,疲労が溜まり倒れたりしていました。そんなお母さんをお父さんは邪魔だといい殴っていました。
それを間近で見ていた梨絵は人を信じるのが怖くなり,人を信じれないようになってきました。
3年生の5月。鍵穴をかえられて家を追い出されました。車に乗りおじいちゃんの家に行く梨絵を泣きながら追いかけてくれた友達が頭に焼き付いて離れません。
そこから全く人を信じれなくなり,「人は裏切るもの」とまで思うようになってしまいました。好きな人なんか作れるわけもなく3年生から1人もできていません。
そこからお母さんはすぐに新しい男を作り私は前お話した通りの扱い。
人を信じたい。そう思うのに心がついていかないんです。現実から逃げてるとわかっていても向き合いたくない自分が何処かにいて…。どうしたらいいと思いますか??
| 梨絵 | 2007/06/13 12:09 AM |
付け足しです!!
↑に書いたことが
ずっと引っかかって重いんです。
これさえ解決したら
大分楽になると思います…
| 梨絵 | 2007/06/13 6:23 PM |
梨絵さん、こんにちは。
自律神経ナビゲーターの鈴木です。
色々と悩んでいらっしゃるのですね。

うつ病のテストのことからコメントさせて頂きます。
サイトの中にあるうつ病のテストはあくまでも目安ですので、
きちんとお医者さんに言って、状況をお話しして、
その上で決断を下さいた方がいいともいますよ。
自己診断をかってにするのはよくありません。


後もうひとうですが、梨絵さんは今、
人を信じたいけれど、心が付いていかない状態で辛く感じているんですね。

私が感じたことを言いますね。
きっと解決にはならないと思いますが、
何かのヒントになればと思い、お書きします。


人は裏切るものなのではなくて、ただ変わるだけなのだと思います。
例えばバンドなんかでも、最初はうまくいっていたけれど、
方向性の違いで解散したりしますよね。

ちょっと古いですが、スピードが解散しましたよね。
これって裏切りでしょうか?

四人の成長方向が違うということだと思いませんか?



確かに浮気したお父さんは悪いかもしれませんが、
お父さんからしたら、
浮気をしないと埋められない何かがあったのかもしれません。
お母さんも、そうしないといられない何かがあったのかもしれません。


人はその人の立場にならなければ分からないことがたくさんあります。
きっとお父さんもお母さんの仕方なくやってしまったことだと思います。

これは裏切りではなくて、
お父さんとお母さんの行く方向性が違っていたのだと思います。

ただ子供はその社会性から両親の影響を受けやすいので、
梨絵さんには多くの負担があったかと思います。
梨絵さんにとっては、とても辛かったかと思います。


でも分かってほしいのは、
お父さんもお母さんも始めから梨絵さんをだまそうとして
梨絵さんのことを生んだのではないということです。

きっとお父さんもお母さんも描いていた方向に行くことができずに
もがき苦しんだと思います。

この気持ちが分かると、
ひょっとすると少し気持ちが違ってくるかもしれませんね。


参考にならないかもしれませんが、
文章を拝見していて、気になったことを書いてみました。
とても参考になりました(^^)
ありがとうございました(^^)
交感神経が過敏になっているのは、ストレスに感じている何者か(敵)から自分の身を守るため・・とは思っていました(^^)
私は職場に行く事に恐怖心があるので、昼夜逆転したのはそのせいだとは思っていたのですが、この記事でその事を確信する事が出来ました。
身体にとって刺激を少なくする為だったのですね。
復職して荒療治しようかと考え中だったのですが、今また体調が良くないのでもう少し休んでからとも考えています(・・)
| ひめみこ | 2007/08/26 1:49 AM |
ひめみこさん、コメントありがとうございます。
荒治療でよくなる時も確かにあるのですが、
確率的にはものすごく少ないです。
荒治療には、その心を支えるための状況作りが非常に大切です。
状況がきっちりと出来ていないと、悪化させるだけですので、あまりお勧めは出来ません。
休んで体の体調を整える方がいいかもしれませんね。



| 鈴木 | 2007/08/26 9:19 PM |
・昼夜逆転で「感受性が高くなっている」
・物事を否定的、悲観的にとらえやすい
・リフレーミングによって、物事のデメリットだけでなく、メリットも見つめる

昼夜逆転の問題点につい、てとても参考になりました。
どうもありがとうございます!(・∀・)
| OnaKinPower | 2007/12/16 5:07 PM |
onakinpowerさん、コメントありがとうございます。
参考になったようでうれしく思います。
更新が滞っていますが、これからもよろしくお願いします。
鈴木様 長文ですみません。
今このサイトを見つけて、なるほどと思いました。
私は、30歳女性ですが、ここ12ー15年くらい昼夜逆転に悩んでいます。高校の頃から少しずつ夜型に偏り始め、大学に入って親元を離れ、朝方までバーテンのバイトをしたので、完璧に昼夜逆転しました。後々のことを考えていませんでしたが、このときが人生で一番幸せでした。しかし、卒業後就職しても仕事について行けず、5月病になって退職し、以後転々と仕事を変えています。ひどい鬱病で休職もしましたし、今、会社に行くのに睡眠導入剤を飲んでいます。(3年半ぐらいです)普通の人では考えられないくらい普通の毎日が辛いです。光が嫌い。人ごみが嫌い。人がこわい。なんで夜型になるか全然わからなくて、絶望的な気分だったのですが、夜の空間が落ち着くのは、刺激を恐れているんですね。長くなりましたが、鈴木さんの文章を読んで、自分は少し悲観的で感受性が強いので、自然と夜を選んで起きてきたのだと感じました。性格はすぐに変わらないと思いますが、主人も私の悲観的な性格には辟易しているみたいなので、大切な人を失わないようにリフレーミングしていきたいと思います。昼夜逆転にリフレーミング以外に効果があることがあれば、教えて頂ければ幸いです。どうすれば昼に興味が持てるのか、どうすれば朝起きて夜眠るのが当たり前だと、体に教え込むことが出来るのか・・・今妊娠2ヶ月です。これを契機にしたいです。仕事を休んでいて、明日出勤するのでブルーになっていますが、考え方を変えれば、2年よく働いた、赤ちゃんも旦那さんもいる、苦手な雰囲気から逃れられる、とかいろいろあると思います。裏を返すと、もしかすると退職するので、その場合たがが外れたようにまた昼夜逆転になるかもというのが、死ぬ程こわいです。以上、長文失礼しました。
| 光 | 2008/01/23 9:08 PM |
光さん、お返事が遅くなりましてすいません。一ヶ月も遅くなってしまいましたね。
コメントがあったことに気付きませんでした。

さて、光さんのご質問ですが、
昼夜逆転の方は、少しずつ昼に太陽の光を浴びることをお勧めします。
何時に起きるかは分かりませんが、起きた時点で窓を開け(今はちょっと寒いですが…)太陽の光をガラス越しではなく、直接浴びてみて下さい。

ブログに書いてある通り、脳は光を感じているので、それで体内の時計を調節しています。

ちょうど、今、海外旅行から帰ってきたものだと思ってください。

少しずつ、時間を合わせていけば、昼間に起きられるようになりますよ。

そういえば、お返事が一ヶ月遅れたため、
もう、妊娠3カ月ぐらいですね。
つわりは大丈夫ですか?

元気なお子さんが生まれることをお祈りしております。
こんにちは!私は職場の人間関係でなやみ、適応障害と鬱になってしまい、現在休職して1年になろうとしています。鬱はひどくないのですが、会社にいつか復職しなければならないことを考えると恐怖に思えます。年齢的にも地域的にも転職先もないし妻子もいるので、いやでも戻らないといけないことを考えると怖いのです。現在、昼夜逆転の生活で、朝の6時〜9時に寝て夕方の18時に目が覚めます。そして食事を取り、風呂入りTVみて過ごし、深夜12時から明け方まで酒を飲みあかしています。こんな生活が1年続いていて、本当に社会復帰できるか不安です。もしよければ、アドバイスをお願いします。
| nona | 2012/11/07 1:51 AM |
はじめましてnonaさん。
情報が少ないため、有益なアドバイスは出来ません。
nonaのコメントから推測してお話しいたしまと、病気は現状を受入れられない体の反応だと思います。
また、自分のことを誰にも分かってもらえていないことでストレスを感じているようにも見えます。

「出来ることをやるだけ」と気楽に考え、しかし「出来ることはやるんだ」という意志が必要です。

お酒もたまに飲むのはかまいませんが、起きている時は体を動かすことを習慣化しましょう。そして大きな声を出してみましょう。
すると体のストレスが外に出やすくなります。
申し訳ありませんが、nonaさんとお話ししたわけではないので、これぐらいのアドバイスしか出来ません。
| 鈴木 | 2012/11/11 4:05 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/01/07 7:56 PM |









この記事のトラックバックURL
http://jiritu.jugem.jp/trackback/10
トラックバック