Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
うつの復職は2時間歩けるようになってから!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

 

こんにちは、健療院グループの鈴木です。
最近、休職からの復職について質問されることが多いので
ブログのテーマを今週、来週と2週間続けて復職法にいたします。

うつ病や自律神経失調症で休職をされている方、
または、一度退職をして回復後にまた就職をしようとしている方には
参考になる情報となります。


ここで紹介する復職法は、
十分に休養を取っており、症状も改善してきて、
復職を現実的に考え始めた方向けに書かれています。
そのため、休職したばかりの方や
症状が悪化したままの方は、まずは十分に休養を取り、
専門家の指導の下で体の回復を目指して下さい。


では復職法のお話をします。
まず、知っておく必要があることは、
復職の成功率は一度目が一番高いということです。

正確な数字は忘れてしまいましたが、
私の記憶をたどると、
一度目の復職後、
5年後も休職せずに働いている方の割合は約50%
二度目の復職後は30%
そして三度目は10%


この数字は正確ではありませんが、
重要なことは「一度目の復職が、一番成功率が高い」ということです。


つまり、ちょっと症状が良くなったからといって安易に復職せずに
きっちりと復職できる体制を整えてから復職する必要があります。

では、復職できる体制とはどんなものなのでしょうか?
それは以下の要素になります。

1.体力をつけること
2.対処能力を付けること
3.自己尊重感を持つこと

ではそれぞれについてお話ししていきます。


1.体力をつけること
例えデスクワークであっても、
働く基本は体力です。
そして体力とは、筋肉があるとか
柔軟性があるということではなく、
自律神経が強いということなのです。

実は体力の基本は自律神経の力なのです。
うつ病や自律神経失調症で仕事を一時休んでいる方は、
まさに自律神経が弱くなっているのです。


ではどうやって自律神経を強くしていけばいいのか?
それは体を動かすことです。
つまり、運動です。

なんだ、やっぱり筋肉を鍛えるんだ。

と、思う方もいるでしょうが、そうではありません。
自律神経を鍛えるためには、筋肉を鍛えるのではなく、筋肉を動かすだけなのです。

例えば、イスに座っている状態から立ち上がるとします。
(体を少しでも動かせば解剖学的には「運動」と呼ばれます)

実はこの時に、自律神経も大幅に動きます。
例えば、イスから立ち上がった時には脳の位置が高くなります。
すると、血圧を上げないと脳に血液がいかなくなり、
脳の機能が低下します。
これが起こると起立性低血圧ですとか
起立性調節障害などと言われます。
これは自律神経の働きが低下していることで起こるのです。

また、座っている状態から立ち上がればバランスがより不安定になります。
すると三半規管が働いて平衡感覚を保ち、
ふらつかないようにします。
これも自律神経の働きになります。


つまり、体を少しでも動かせば
必ず自律神経が働くようになっているのです。

ですから、自律神経を鍛えるには体を動かす必要があるのです。
筋肉を鍛えるためではなく、
自律神経を鍛えるために体を動かす必要があるのです。


では、どれくらい体を動かせば
自律神経が復職に耐えられるぐらい鍛えられるのでしょうか?

これは人それぞれ復帰する職場環境や仕事内容によりますが、
私の経験でいうと、
2時間連続して「歩くことだけを目的として歩く」ことができる体力が付くと、
復帰に耐えられる自律神経が鍛えられます。

「歩くことだけを目的として歩く」ですから、
買い物をしながらとか、
犬の散歩をしながらというのは含みません。


このように自律神経を鍛えながら、
毎朝時間通りに起きる、
新聞を読む、
電車に乗ってみる、
など、仕事に耐えられる体力を付けていくのです。


重要なことは、2時間連続して歩けない体力では、
軽めの仕事でも体が疲れてしまい、
その体の疲れに引きずられるように心が疲れてしまうのです。

そして疲れた心は、気持ちを落ち込みやすくしてしまい、
仕事への意欲や生きることへの楽しさを削ぎ落としてしまうのです。

ですから、2時間連続して歩ける体力をつけるのはとても重要なのです。
特に会社が復帰のための時短勤務等を許可していない場合は、
いきなり8時間のフル勤務になりますので、
体力がなければ勤務を続けるのは厳しくなります。

日本も経済状況が厳しく、余裕のない会社も多いので
自分自身で対策を行う必要があるのですね。

今回は少し長くなりましたので、ここでいったん切り上げて、

2.対処能力を付けること
3.自己尊重感を持つこと

この2つは、来週のブログでお話しいたします。

 

健療院グループ 総院長 鈴木直人


* ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ *

うつ・自律神経失調症の専門
整体&カウンセリング 健療院グループ

健療施術院 藤沢辻堂本院   院長 鈴木直人
http://www.etc-karada.com/kenryou

川崎分院:川崎整体健療院   院長 飯島淳
http://www.kenryou.in

代々木上原分院:代々木上原健療院   院長 佐藤優
http://www.kenryou.jp

上野分院:上野整体健療院   院長 田島健次
http://www.ueno-kenryou.com

 

健療院グループ総院長 鈴木直人が、うつ病や自律神経失調症の
整体法やカウンセリングを直接指導した先生方が全国にいらっしゃいます。
当院が遠くてご覧院できない方は、こちらも参考にしてください。
http://www.jiritunavi.com/semi-ninntei.html

自律神経失調症・うつ病ナビ  ココカラ
http://www.jiritunavi.com

女性のためにうつ病の手ほどき
http://www.utsu.asia

自律神経失調症net大辞典
http://www.la-rossa21.net

【 鈴木直人の著書 】
うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

 

JUGEMテーマ:健康

posted by: 自律神経ナビゲーター | うつ病と自律神経失調症 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
色と心の状態

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

 

こんにちは、健療施術院のブログ「自律神経失調症・うつ病 情報交差点」に初登場の上野整体健療院院長の田島です。

今回のテーマは、色と心の状態についてです。

 

皆さん、好きな色はありますか?嫌いな色はありますか?
ちなみに、私は赤と青が好きです。

 

色はそれぞれ好みが分かれますよね。
年齢やその時の体の状態によっても変わるものだと私は感じます。
ストレスが多い時、体調が悪い時、特に自律神経が乱れてうつ状態になった時などは色の見え方、好みが変わるはずです。

 

では、色のもたらす心理効果、感情について簡単に書いてみます。

 

赤:情熱、衝動的、積極的、自信、活動的、愛情、怒り、憎しみ
オレンジ:明るい、暖かい、聡明、快活、社交的、精力的
黄色:明朗、愉快、元気、健康、開放的、芸術的
緑:安らぎ、安定、穏やか、さわやか、潤い
青:理性的、論理的、平静、沈着、安堵、従順、受動的
紫:神秘的、高貴、華麗、優美、あでやか、孤独
茶:現実的、習慣的、律儀、活力、頼りになる
灰:中立的、平均的、鈍感、保守的、内省的、秘密主義、穏やか
白:純粋、清潔、清楚、素っ気ない、冷酷
黒:陰鬱、否定、無、邪悪、死のような、悲しい

 

これを見て、なんとなく分かる気がしませんか?

 

洋服を選ぶ時、いつも同じような色を手に取ってしまいませんか?
それは、その色に心の状態が魅力を感じて選んでいるかもしれません。
好みの洋服の色で、今のあなたの心の状態がわかります。

 

体の状態によっても選ぶ色は変わってくるでしょう。
ストレスで落ち込んでうつ状態の時は、赤、オレンジ、黄色などの色を選ばない傾向があります。
私が診ている患者さんの体調が良くなってくると、洋服や身に着けている物などが明るくなっていくのがわかります。

 

このように、色によってその時の心の状態、体の状態が変化していきます。


なので、これを少し利用するのも面白いと思います。

 

例えば、今日は朝から気分が重いなと感じたら、少し明るめの色の服を選んだり、お化粧を明るい色に変えるのもいいでしょう。
明るく活動的になれば、昼間は自律神経のうち交感神経が優位になります。

 

夜はゆっくり休みたいので、落ち着く青、白、緑などの服を選ぶといいでしょう。
気分が落ち着くと、夜は自律神経のうち副交感神経が優位になります。

 

皮膚は色を感じるという科学的実験をしたと聞いたことがあります。
試してみてはいかがでしょうか。

 

日本人は色別が繊細だと言われます。
それは四季がはっきりしているためでしょう。

 

皆さんは、春は何色に感じますか?
梅雨は何色?
夏は何色?
秋は何色?
冬は何色?

 

忙しくストレスが多い時ほど大きく深呼吸して四季の色を感じるようにすると、自律神経の乱れや心の乱れが落ち着きますよ。
 

上野整体健療院   院長 田島健次

 

* ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ *

うつ・自律神経失調症の専門
整体&カウンセリング 健療院グループ

健療施術院 藤沢辻堂本院   院長 鈴木直人
http://www.etc-karada.com/kenryou

川崎分院:川崎整体健療院   院長 飯島淳
http://www.kenryou.in

代々木上原分院:代々木上原健療院   院長 佐藤優
http://www.kenryou.jp

上野分院:上野整体健療院   院長 田島健次
http://www.ueno-kenryou.com

 

当メルマガ筆者の鈴木直人が、うつ病や自律神経失調症の
整体法やカウンセリングを直接指導した先生方が全国にいらっしゃいます。
当院が遠くてご覧院できない方は、こちらも参考にしてください。
http://www.jiritunavi.com/semi-ninntei.html

自律神経失調症・うつ病ナビ  ココカラ
http://www.jiritunavi.com

女性のためにうつ病の手ほどき
http://www.utsu.asia

自律神経失調症net大辞典
http://www.la-rossa21.net

【 鈴木直人の著書 】
うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

 

JUGEMテーマ:健康

posted by: 自律神経ナビゲーター | うつ病と自律神経失調症 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
自己肯定感

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

こんにちは。代々木上原健療院の佐藤です。
今回は自己肯定感についてです。

自己肯定感はその人の強みという具体的な単なる一つの側面ではなく、
「自分は大丈夫!」「I'm OK!」など、自分が自分に対するイメージが良いことです。

自己肯定ではなく、自己肯定"感"です。
自己肯定は自分の良いところを探して、それを肯定する。
これはなかなか無理矢理な感じがあります。

子供の頃から、親や周りの人に尊重される環境で育てられると、
自己尊重感が高く、自分は大丈夫!という感覚を持った人になります。
「I'm OK!」です。

一方、お前はダメだ。どうしようもない。お前はこういう人間だ!など、
尊重されない環境で育てられると、自己尊重感が低く、自分はいけない人間なんだ、
という感覚を持った人になります。
「I'm not OK」です。

こうした「I'm not OK」の人は、人に対して臆病になるので、
表面的な付き合いをすることになります。

人はどうせ私のことをわかってくれないだろうと、
言いたいことや自分のことを話せずに、孤独感を抱くことが多いです。
いつも不安と隣り合わせでとても生きづらく大変です。

では、「I'm not OK」の人はどうしたらいいのでしょうか。
それは、自分が自分に対するイメージを「I'm OK!」にすればいいのです。

それには、人と本当のつながりを持つ必要があります。

「自己」肯定感なのに、「人」と本当のつながり?と思われるかもしれません。
なぜ自分のイメージが「I'm OK」になるのには人とのつながりが必要なのでしょうか?
それは、我々は人との関係の中で成り立っているからです。

例えば仕事。
そもそも仕事とは、人の為に行ったことが、賃金として自分に返ってくる、というものです。

事務・経理・営業・飲食業・建築業・医者・議員などなど、本来は人の為に行うものです。

人の為に行うという目的が、いつの間にか「自分の為に働いているんだ!」とすり替わった時、その仕事は「自分さえ良ければ」という自分勝手な自己満足的な行為になり、
人との関係が良くないギスギスした職場になる、ということはよく聞く話です。

あの人がいけない、気に食わない、とそれぞれが自分を優先して考えていると
このような雰囲気の良くない職場が出来上がるでしょう。
そんな雰囲気の良くない職場で働いている人は、
仕事自体が徐々にストレスになってきてしまいますね。

このように、そもそも我々は一人で完結しているのではなく、
「補い合う」という、人とのつながりの前提の中で成り立つ生き物なのです。

そして人の為に貢献できた時、「仕事がうまくいった!」と感じるのではないでしょうか。

つながりには二つあります。
本当のつながりと形だけのつながりです。

嫌われたり、孤独が怖いからグループの一員でいるが、人に合わせて控えめにばかりしている。
なんだか心の距離が遠い。
これは、形だけのつながりです。

そうではなく、
自分の良いところ悪いところを受け入れられて、また人のことも受け入れられること。
自分の良いところ悪いところをオープンに話しあえる関係。
お互い自分のことをわかってくれたと感じあえる関係。
これは、心の距離が近く、安心できる本当のつながりです。

でも、本当のつながりなんて無理、、、
本当にそうでしょうか?
無理、ではなく、無理にしている自分がいるはずです。

それは、
〜であるべき・〜でなければならない、
自分を飾っていないと受け入れてもらえないんじゃないか、
こんな自分はどうせ嫌われる、
こういった思い込みです。

この状態は、自分を尊重できていないのと同時に、相手も尊重できていないことになります。
こんな自分をこの人は受け入れられないのだろう、と勝手に考えているからです。

自分がありのままでいられないと、人のありのままを受け入れることができません。

相手を尊重し、本来の自分を自己開示をしていく。
すると、わかってもらえた、という感覚を体験し、
それがまた相手をわかってあげたいという循環になってきます。
これが本当の心のつながりです。

例えば、
「実は、自分はコミュニケーションが苦手なんだ」という自己開示をしたら、
「そうなんだね」と相手は理解を示してくれるかもしれません。
「実は自分も苦手なんだ」とカミングアウトしてくれるかもしれません。

大切なのは、まず自分がありのままでいること。ありのままでいるようにしていくこと。
つまり、自分でありのままでいられるように自己開示をしていくことが、
本当のつながりを感じ、自己肯定感に繋がっていくのです。

自分をオープンにすることって、怖いですよね。
ここが大きな壁ですが、1回・2回と乗り越えると楽になる自分に気づけると思います。

自己肯定感は、意外と自分はできるじゃん!良いじゃん!これが大元です。
「I'm OK!」と自分のイメージが良くなる瞬間です。

人に認めてください、と待っているだけでは
この、意外と自分はできるじゃん!良いじゃん!という感覚は味わえませんね。
自分から行動していくことが大事です。

ありのままの自分を自己開示するということは、
初めはとてつもなく怖いことだと思いますが、
頑張って一歩踏み出してみることで、この先変わっていくことが出来ます。
これから自分を変えていきたいという方は是非取り組んでみてはいかがでしょうか。

これから自己肯定感を高めていきたい!
そんなあなたを応援しています。

 

代々木上原健療院 院長 佐藤優

* ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ *

うつ・自律神経失調症の専門
整体&カウンセリング 健療院グループ

健療施術院 藤沢辻堂本院   院長 鈴木直人
http://www.etc-karada.com/kenryou

川崎分院:川崎整体健療院   院長 飯島淳
http://www.kenryou.in

代々木上原分院:代々木上原健療院   院長 佐藤優
http://www.kenryou.jp

上野分院:上野整体健療院   院長 田島健次
http://www.ueno-kenryou.com

 

当メルマガ筆者の鈴木直人が、うつ病や自律神経失調症の
整体法やカウンセリングを直接指導した先生方が全国にいらっしゃいます。
当院が遠くてご覧院できない方は、こちらも参考にしてください。
http://www.jiritunavi.com/semi-ninntei.html

自律神経失調症・うつ病ナビ  ココカラ
http://www.jiritunavi.com

女性のためにうつ病の手ほどき
http://www.utsu.asia

自律神経失調症net大辞典
http://www.la-rossa21.net

【 鈴木直人の著書 】
うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

 

JUGEMテーマ:健康

posted by: 自律神経ナビゲーター | うつ病と自律神経失調症 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
行動

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

こんにちは、川崎整体健療院の飯島です。

私たちは、それぞれ思考・動きのパターンを持っています。
大体の人は、いつも同じような流れで生活していることも多いことでしょう。

思考も動きもその人なりのパターンがあります。
いつものパターンをしている方が、落ち着くのです。
新しいチャレンジではないので、エネルギーも使わなくて済みます。
居心地が良いのです。

今のパターンで、上手くいっていれば問題ないかもしれません。
快適に生活が出来て、ストレスもない状態だとしたら、そのままのパターンを続けましょう。


しかし、そのパターンを繰り返し続けている事が、
ストレス軽減の邪魔をしているとしたら問題です。
仮に、それが問題と分かっていても
、簡単に変えられないのが身に付いたパターンというものです。 
特に、深い思考の部分は簡単には変えられません。
深い思考であれば、変えるという意志と覚悟、それをやり続ける忍耐も必要でしょう。

一方、身に付いたパターンを変えることで早くチャレンジ出来るものは、動き。
「行動」です。
イライラしている人は、イライラしているなりの行動を取っています。
貧乏ゆすりをしたり、じっとしていられずちょこまか動いてみたり。
焦っている人は、早口になったり、動きが早くなることもあるでしょう。

心と体は繋がっています。
その動きになるのには、それなりの理由があるのです。
その動きから、非言語でメッセージが出ています。
その動きを続けているうちは、なかなか心と体に変化をつけることが難しくなります。

ですから、この行動を、変えてみることから始めましょう。

ゆっくり歩いてみる
ゆっくり呼吸してみる
落ち着いて、じっくり話してみる
のんびり過ごしてみる
時間をかけて何かを見てみる

時間は、平等です。
みんな、同じ時間を刻みます。世界共通です。
この時間をどう過ごすかで、心と身体が変化します。
せかせかとした行動を取っていたら、
ゆっくりとした落ち着きのある行動を取るように意識してみましょう。

ストレスがなかなか減らず、動きも早くなっている人は、是非ゆっくりとした行動を取って、
体から「私、落ち着いていますよ〜」というようなメッセージを心に伝えてあげて下さい。

同じ時間の過ごし方でも、行動を少し変えてみて、ストレス軽減の手助けにしてみましょう。

行動を変えれば、気持ちも変わる。
気持ちが変われば、ストレスも軽減することでしょう。


川崎整体健療院 院長 飯島淳

* ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ *

うつ・自律神経失調症の専門
整体&カウンセリング 健療院グループ

健療施術院 藤沢辻堂本院   院長 鈴木直人
http://www.etc-karada.com/kenryou

川崎分院:川崎整体健療院   院長 飯島淳
http://www.kenryou.in

代々木上原分院:代々木上原健療院   院長 佐藤優
http://www.kenryou.jp

上野分院:上野整体健療院   院長 田島健次
http://www.ueno-kenryou.com

 

当メルマガ筆者の鈴木直人が、うつ病や自律神経失調症の
整体法やカウンセリングを直接指導した先生方が全国にいらっしゃいます。
当院が遠くてご覧院できない方は、こちらも参考にしてください。
http://www.jiritunavi.com/semi-ninntei.html

自律神経失調症・うつ病ナビ  ココカラ
http://www.jiritunavi.com

女性のためにうつ病の手ほどき
http://www.utsu.asia

自律神経失調症net大辞典
http://www.la-rossa21.net

【 鈴木直人の著書 】
うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

JUGEMテーマ:健康

posted by: 自律神経ナビゲーター | うつ病と自律神経失調症 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
症状のせいで…

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

 

こんにちは。
代々木上原健療院の佐藤です。

今回は、日々施術をしていて常々感じていましたが、非常に伝えることが難しいな、と思っていた内容です。
なるべくうまく伝わるようにお話したいと思います。


症状のせいで、あれも出来ない!これも出来ない!と症状を目の敵にしている方が時々いらっしゃいます。

まるで症状と自分を切り離して、全く別物の悪とする存在であるかのように。

 

さて、皆さんに質問です。
以下の二つのパターンで、より改善しやすそうな方はどちらだと思いますか?

^貽中症状に囚われ、横になっていても、頭ではなお症状と闘い続ける。
∈は症状に素直に従い、体も心も休養する。

いかがでしょうか?
私はこっち!と思いつつ読み進めてみましょう。


今の体と心は、今までの自分の歴史です。
(佐藤は、体は履歴書だと思っています)
今の体と心は、今までの自分の結果なんですね。

つまり、症状を否定しているということは、今までの自分は間違っていない!と思いたいあまり、他の何かの責任にしている状態ということです。

このタイミングで体調を良くしようとしても、一時的な改善感はあっても、また症状がぶり返して、残念ながら根本的な改善には至らないことが多く感じられます。

 

また、ヨガもやってるし、食べ物も気を付けているし、色々と体に良い事をしているのに良くならない!とおっしゃる方もいます。

何故でしょうか??

 

それは、症状を受け入れることをせずに、色々な改善方法のみ行っているからだと私は思います。
症状のせいで…という考えは、根底では変わってないんですね。

 

当院でも、改善の早い方と遅い方がいます。

改善の早い方の特徴は、症状で不安になることはあっても、今までの自分を振り返り、症状を受け入れることには積極的なことです。
一方、改善の遅い方の特徴は、改善方法には積極的に取り組むが、今までの自分を保ちたいという防衛が無意識に働いて、症状を目の敵にしているということです。

 

つまり、改善が早い方と遅い方の違いは、症状を受け入れる準備が出来ているかどうか、ということです。

 

症状を受け入れるのは、あくまでも、準備です。
タイミングとも言えますね。

 

症状=敵という心境は、闘いですから交感神経です。
闘いを続ける限り、なかなか副交感神経は働かずに治癒力は発揮してきません。
この状態はまだ改善のタイミングではないんです。

症状があると、今まで出来た事が出来なくなったり、したい事も制限されたり、自分で自分をコントロール出来ない状態ですので、確かに辛いものです。

 

ですが、

^貽中症状に囚われて横になっていても、頭ではなお症状と闘い続けるか?
∈は症状に素直に従い、体も心も休養するか?

ここが症状の改善の大事な分岐点なのです。

症状がある時は、中途半端に抵抗せずに、観念して休養するのが一番なんです。

 

さて、冒頭での質問ですが、私の意見は番です。

繰り返しになりますが、症状が出ている状態は今までの自分の結果です。
それは、このままだと体と心は持ちませんよ!という体からのメッセージであって、決して症状は自分と切り離して、全く別物の悪とする存在ではない、ということです。
丸ごとで自分なのですね。

 

うつで気力が出ない方や、自律神経失調の色々な症状で苦しんでいる真っ最中の方には、「あなたにはこの辛さは分からないからそんなこと言うのよ!」
と言われてしまうかもしれません。
症状を受け入れるのは、なかなか難しいことだと思います。

ですが、今苦しんでいる真っ最中の方に対して、もう一度、症状を見直すキッカケになっていただければ幸いです。

 

JUGEMテーマ:健康

posted by: 自律神経ナビゲーター | うつ病と自律神経失調症 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
うつと自律神経失調症と心身症の違いを理解する

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

 

こんにちは、健療院グループの鈴木です。
前回までのブログでは「言葉を飲み込む」ということをテーマに
自律神経的なお話をしましたがいかがでしたでしょうか?

今回のテーマは色々な「違い」についてお伝えいたします。

例えば…

1.うつと自律神経失調症と心身症の違い
2.うつと自律神経失調症の自律神経的な違い
3.健康な人と自律神経失調症の人との違い
4.健康な人とうつの人の違い

などです。


基礎的なことですので、これを理解することは、
うつや自律神経失調症を治していくのにとても重要なことになります。
そのため、分かりやすくするために図や表を用いて
健療院グループのホームページに原稿を記載しました。

ご興味がある方は下記ページをご覧ください↓

『 うつと自律神経失調症と心身症の違い 』
http://www.kenryouin-group.com/utu-jiritu/chigai.html

 

健療院グループ 総院長 鈴木直人

* ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ *


うつ病・自律神経失調症の専門の整体&カウンセリング
健療院グループ
http://www.kenryouin-group.com

健療施術院 藤沢辻堂本院   院長 鈴木直人
http://www.etc-karada.com/kenryou

川崎分院:川崎整体健療院   院長 飯島淳
http://www.kenryou.in

代々木分院:代々木上原健療院   院長 佐藤優
http://www.kenryou.jp

上野分院:上野整体健療院   院長 田島健次
http://www.ueno-kenryou.com


本院院長の鈴木直人が、うつ病や自律神経失調症の
整体法やカウンセリングを直接指導した先生方が全国にいらっしゃいます。
当院が遠くてご来院できない方は、こちらも参考にしてください。
http://www.jiritunavi.com/semi-ninntei.html


自律神経失調症・うつ病ナビ  ココカラ
http://www.jiritunavi.com

女性のためのうつ病の手ほどき
http://www.utsu.asia

自律神経失調症net大辞典
http://www.la-rossa21.net

【 鈴木直人の著書 】
うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

 

JUGEMテーマ:健康

 

posted by: 自律神経ナビゲーター | うつ病と自律神経失調症 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
のどの違和感や息苦しさや咳の対策

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

 

こんにちは、健療院グループの鈴木です。
ゴールデンウイークが終わり、
日常が戻っている頃でしょうか?
非日常も大切ですが、日常も大切ですので、
日常も楽しく過ごせるといいですね。

さて前回は「言葉を飲み込むと、のどに違和感が起こる原因」をお伝えいたしました。
今回はこの続きになります。

このブログの二回前からの内容をまとめますと…

・言葉を飲み込む(言いたいことを我慢する)と、のどにある咽頭収縮筋が緊張し続ける
・咽頭収縮筋は自律神経で支配されているため、
緊張し続けると自律神経失調症になり、不眠や不安が出てくる

ということでしたね。


まず一番やって欲しいことは
大きな声を張り上げることです。

「あー」でも「わー」でもいいので
大きな声を出すことが必要です。

なぜなら、大きな声を出すと
緊張し続けた咽頭収縮筋がゆるんでくるからです。

大きな声というのは、のどを開かないと出てきません。
咽頭収縮筋はのどを閉じる筋肉ですので、
大きな声を出すということは、
咽頭収縮筋がリラックスしていることになるのです。

言いたいことを言わないで我慢し続けた方は
言葉を飲み続けた方であり、
咽頭収縮筋を緊張させ続けた方でもあります。

そのため、最初はのどを開くことができず
大きな声が出ない方もいると思います。
これは咽頭収縮筋が緊張してこっているようなものですので、
肩こりと一緒だと思ってください。

肩をリラックスしたり肩を使ったりしないと
肩こりが解消されないように、
咽頭収縮筋もリラックスしたり使ったりしないと
緊張が緩まないのですね。

ですから、できる限りでかまいませんので
大きな声を出す練習をしてください。
練習をしていればそのうち大きな声が出るようになります。
それは咽頭収縮筋の緊張が取れてきている証拠でもあります。


しかしこれをやるには少し問題があります。
日常では大きな声を出すところが少ないということです。
ゴールデンウィークに山に行かれた方もいると思いますが、
山の上で「ヤッホー」と大声を出す人も
最近では減ってきましたので、
やるとちょっと恥ずかしいかもしれません。笑

また、よほど広い家でもないと自宅では出しづらいですよね。
近所迷惑にもなるし、
頭がおかしくなったんじゃないかと思われてしまいます。笑
すると、無意識にまた咽頭収縮筋を緊張させてしまいます。


やはり、一番いいのはカラオケボックスとかですかね。
大きな声を出すことが普通ですので、誰にも遠慮はいりません。
何か好きな歌を歌ってもいいでしょう。
しかしこの場合、「上手に歌おう」とは思わないでください。

上手に歌おうとすると、
微妙に咽頭収縮筋を緊張させることもあります。
また、上手に歌えないと大きな声を出さなくなってしまいます。
ここでの目的は「大きな声を出す」ということですから、
歌の上手下手はわきに置いといてください。

また日常で大きな声を出すには、
お風呂の湯船の中に顔を沈めてでもできます。
水は防音効果がありますので、近所に響くことはありません。
息継ぎには注意してくださいね。笑


さて、三回にわたり「言葉を飲み込む」について
お伝えいたしましたがいかがでしたでしょうか。
今回の主役は「咽頭収縮筋」でしたが、
このように筋肉は心の状態を如実に表しています。
逆に言うと筋肉の緊張が過剰に起これば
心はいい状態にはなれません。
リラックスもできないし、やる気も起こりません。
不安にもなります。

本日お伝えした対策を行っても十分に改善されない方は
健療院グループの各院にご相談ください。

「体を元気にして心を元気にする」というのが
健療院グループのモットーになります。
色々な症状でお困りの方もいるでしょうが、
体のケアーも忘れずになさってくださいね。


健療院グループ 総院長 鈴木直人


* ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ *

うつ・自律神経失調症の専門
整体&カウンセリング 健療院グループ

健療施術院 藤沢辻堂本院   院長 鈴木直人
http://www.etc-karada.com/kenryou

川崎分院:川崎整体健療院   院長 飯島淳
http://www.kenryou.in

代々木上原分院:代々木上原健療院   院長 佐藤優
http://www.kenryou.jp

上野分院:上野整体健療院   院長 田島健次
http://www.ueno-kenryou.com

 

当メルマガ筆者の鈴木直人が、うつ病や自律神経失調症の
整体法やカウンセリングを直接指導した先生方が全国にいらっしゃいます。
当院が遠くてご覧院できない方は、こちらも参考にしてください。
http://www.jiritunavi.com/semi-ninntei.html


自律神経失調症・うつ病ナビ  ココカラ
http://www.jiritunavi.com/

女性のためにうつ病の手ほどき
http://www.utsu.asia/

自律神経失調症net大辞典
http://www.la-rossa21.net/

【 鈴木直人の著書 】
うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

posted by: 自律神経ナビゲーター | うつ病と自律神経失調症 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
言葉を飲み込むと、のどは締まり続ける

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

 

こんにちは、健療院グループの鈴木です。
ゴールデンウイーク真っ最中ですが、いかがお過ごしですか?

お休みの人もいるでしょうし、
私のようにお仕事の人もいるでしょうが、(汗)
楽しく読んでください。


前回は「言葉を飲み込むと、のどに違和感が起こる」
ということをお伝えいたしました。
今回はこの続きになります。

少しおさらいです。
水や食べ物を飲み込むときにはのどにある咽頭収縮筋という筋肉は
飲み込む一瞬だけ緊張して、そのあとはリラックスします。
しかし、言葉を飲み込むときには、
咽頭収縮筋が収縮し続けることになり
のどはリラックスできません。

すると、のどに違和感が起こり、
悪化すると、息苦しくなったり、咳が出たり、
吐き気が出てくることもあるということでしたよね。


では今回は、
「なぜ、言葉で飲み込むとこのような症状が出るか?」
ということをお伝えいたします。

まず、重要なことは
「言葉には力がある」
ということをお知りください。

言葉の力とは色々あるのですが、
この局面ではこのようにお伝えいたします。


「言葉には感情というエネルギーが込められている」


人はこの感情のエネルギーをもらうため、
褒められるとうれしくなり、
傷つけられると怒ったり悲しくなったりするのです。

逆に感情が込められていない言葉は
相手に通じることはありません。

気持ちが込もっていない言葉で褒められても
ちっともうれしくありませんよね。

逆に言うと、言葉よりも感情エネルギーの方が
多く相手には伝わります。

例えば、「怒ってないよ!(怒)」と言いながら怒ってる人がいますよね。笑

文字で伝わっているか少し不安ですが、
このような言い方で「怒ってない」と言っていても
感情エネルギーは怒っていると伝わってきますよね。

このように、言葉には感情エネルギーが込められているのです。


ここからが重要なところなのですが、
この言葉に込められた感情エネルギーが外に飛び出ないよう、言葉を飲み込むときには
咽頭収縮筋という筋肉が緊張し続けなければならないのです。

水や食べ物ならば飲み込んでしまえば、
外に出てこようとはしません。

しかし、言葉には感情エネルギーが込められているので、
外に出ようとするのです。

あなたも「言わないと気が済まない!」
ということがあったと思います。

これは、感情エネルギーが外に出ようとしている証拠です。

言葉を飲み込むとは、
「本当は言いたいのに言わない」ということであり、
言葉に込められた感情エネルギーを
のどの咽頭収縮筋で止め続けなければならない
ということなのです。

ちなみに咽頭収縮筋は自律神経の支配でもあるので、
緊張し続けると自律神経も緊張してしまい、
自律神経失調症になります。
そのため、のどの違和感がある方は
不眠・めまい・不安感などをお持ちの方も多いのです。

言葉を飲み込むとことで
なぜ、息苦しくなったり、咳が出たり、吐き気がでたりするかというと、
上記なようなことで自律神経が乱れるからです。


更に、もう一歩深くお伝えすると…
息苦しくなるのは咽頭収縮筋が緊張しのどが狭くなるからです。
咳が出たり吐き気が起こったりするのは、
言葉に込められた感情エネルギーをどうにかして外に出したいためです。
咳は、感情エネルギーは出せなくても
せめて息だけでも外に出そうとしているのです。
吐き気は言葉ではなく胃の中のものを外に出そうとして起こります。
そのため、実際に吐いてしまう人もいます。

このようにして人は言葉に込められた感情エネルギーを
いろんな形で体の外に出そうとしているのですね。
人の体に秘められた能力には驚かされますね。


では次回は自分でできる対策をお伝えいたします。

明からに自分は言葉を飲み込むことが多いと思う方、
のどの違和感がある方、咳や吐き気がある方、
あるいは不眠や不安がある方にも効果的な対策をお伝えいたします。
ちょっと現代ではやりにくい対策なのですが…(汗)


健療院グループ 総院長 鈴木直人


* ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★

うつ・自律神経の専門整体 健療院グループ
http://www.kenryouin-group.com

健療施術院 藤沢本院 院長 鈴木直人
http://www.etc-karada.com/kenryou

川崎分院: 院長 飯島淳
http://www.kenryou.in

代々木上原分院: 院長 佐藤優
http://www.kenryou.jp

上野分院: 院長 田島健次
http://www.ueno-kenryou.com


本院院長の鈴木直人が、うつや自律神経失調症の
整体法やカウンセリングを直接指導した先生方が全国にいらっしゃいます。
当院が遠くてご来院できない方は、こちらも参考にしてください。
http://www.jiritunavi.com/semi-ninntei.html


自律神経失調症・うつ病ナビ  ココカラ
http://www.jiritunavi.com

女性のためのうつ病の手ほどき
http://www.utsu.asia

自律神経失調症net大辞典
http://www.la-rossa21.net

【 鈴木直人の著書 】
うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

 

JUGEMテーマ:健康

posted by: 自律神経ナビゲーター | うつ病と自律神経失調症 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたは何を飲み込んでいますか?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

 

こんにちは、健療院グループの鈴木です。
新年度を迎えて一か月が経とうとしていますが
いかがお過ごしでしょうか?

新年度は環境が変わり、
新しく出会った方もいると思います。
初対面は何かと緊張するものですが、
一か月経ちましたので慣れてきましたでしょうか?


ところで、あなたは「飲み込む」という言葉で
何を連想されますか?

飲み込むというと、
水・ジュース・お酒・食べ物・唾液など
色々とありますが、

「言葉を飲み込む」

あるいは

「言葉を呑む」というような

慣用句があります。


ご存知の通り、意味としては

「言おうとしたことを言わないようにする」

つまり「言いたいことを言わずに我慢する」

というようなことです。
新しく出会った方に「ズバズバ」ものを言えることはないので、
この時期は言葉を飲み込むことも多いのではないでしょうか?


言葉というのは水や食べ物と違って物質ではないので
実際には飲み込むことはできません。

しかし「言葉を飲み込む」ときには、
実際にのどが何かを飲み込むような動きをします。
しかも、何かを飲み込むときよりも長時間その動きを続けます。

その動きを解剖学的に言うと
のどにある咽頭収縮筋という筋肉が緊張することを言います。


さて、ここからが大事なことになります。
何かを飲み込むときには、
この咽頭収縮筋は、飲み込む瞬間には緊張しますが
飲み込んだ後には緊張がゆるんで
元のリラックスした状態に戻ります。

ところが言葉を飲み込む場合、
言葉を飲みこんだ後もこの咽頭収縮筋は緊張したままになり
ゆるむことはありません。

これが長く続くことで、色々な症状が出ます。
最初のうちは、のどに違和感が出てきます。
のどの中に何かがあるような感じがする方も多いです。
それはヒステリー球と呼ばれることもあります。
それを飲み込みたくて、たくさん水を飲んだり
食べ物を飲み込んだりしますが、
その違和感は取れることはありません。

更に症状が進むと、
息苦しくなったり、咳が出たり、
吐き気がでることもあります。
実際に吐いてしまうこともあります。


このような症状は自律神経失調症にはとても多いのですが、
多くの場合、最初にお伝えした通り
言葉を飲み込むことで起こります。

「言葉を飲み込む」とは、
実に言い得て妙だとは思いませんか?

では次回は、
「なぜ、言葉を飲み込むとこのような症状が出るか?」
という原因をお伝えいたします。

 

健療院グループ 総院長 鈴木直人

 

* ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★

うつ・自律神経の専門整体 健療院グループ
http://www.kenryouin-group.com

健療施術院 藤沢本院 院長 鈴木直人
http://www.etc-karada.com/kenryou

川崎分院: 院長 飯島淳
http://www.kenryou.in

代々木上原分院: 院長 佐藤優
http://www.kenryou.jp

上野分院: 院長 田島健次
http://www.ueno-kenryou.com


本院院長の鈴木直人が、うつや自律神経失調症の
整体法やカウンセリングを直接指導した先生方が全国にいらっしゃいます。
当院が遠くてご来院できない方は、こちらも参考にしてください。
http://www.jiritunavi.com/semi-ninntei.html


自律神経失調症・うつ病ナビ  ココカラ
http://www.jiritunavi.com

女性のためのうつ病の手ほどき
http://www.utsu.asia

自律神経失調症net大辞典
http://www.la-rossa21.net

【 鈴木直人の著書 】
うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

 

JUGEMテーマ:健康

 

posted by: 自律神経ナビゲーター | うつ病と自律神経失調症 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
体を感じて幸せに!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

 

こんにちは、健療院グループの鈴木です。
春らしい陽気になってきましたね。

ところで、最近は情報化社会と言われて久しいですが、
情報化社会というのはとかく頭ばかりを使いがちになります。
インターネット上の情報は膨大にあり、
インパクトのある記事で読者を引き付けようとするので、
刺激的なことが書かれていることも多いのが現状です。

また、仕事や学校などで「やらなければならないこと」が
年々スピードを増してきています。

このような状態ですと、人は頭をフル回転させて
何とかこなそうとします。
実はその結果、頭ばかりを使うようになり
体の感覚を感じないようになってくるのです。

体の感覚というのは実に繊細です。
例えば患者さんに、
「うつや自律神経失調症は何を食べたらいいのか?」
ということを聞かれることがあります。

もちろん、栄養学的に答えることは致しますが、
最後に私が言うのは、
「体の感覚が正常であれば食べたいものを食べるのが一番良いです」
ということです。

体に必要な栄養素は、体がちゃんと分かっているのですね。

しかし食べたいものを食べていたら偏食になってしまう方もいるでしょう。
このような方は体の感覚が鈍くなってきているのです。

この原因が、頭をたくさん使うことなのです。
頭をたくさん使うということは、
頭をたくさん意識して、
体には意識が行っていないということになるのです。
すると体の感覚が鈍くなるのです。

実は、体というのは
「喜び」や「幸せ」といった感覚もあります。

そのため、体の感覚が低下すると
喜びや幸せを感じる感度が低くなってしまうのです。

すると、喜びや幸せを感じるために「もっともっと」と
たくさんの刺激が欲しくなってしまうのです。

そして、刺激がたくさん増えると自律神経が交感神経に偏り、
うつや自律神経失調症になりやすくなるのです。


そのため、うつや自律神経失調症を改善させるには、
あるいは「喜び」や「幸せ」をじっくりと感じるためには、
ご自分の体をしっかりと感じる必要があります。

そこで必要なのは「時間」です。
時間がない状態では体は感じられません。

そして日頃から「体を感じる」ことを意識することです。
自分の体がどう感じているのかを意識して感じてみて下さい。

こんなことを続けていくと、
「喜び」も「幸せ」も今よりも感度が高くなってきます。
夕焼けを見てすごく幸せを感じたり、
海を見て一気に心が癒された感じになったりなど、
ふとしたことに感動しやすくなると、
自律神経の乱れは治りやすくなるのです。

今日から少し、ご自分の体を意識してみてはいかがでしょうか。


健療院グループ 総院長 鈴木直人


* ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★ * * ★

うつ・自律神経の専門整体 健療院グループ
http://www.kenryouin-group.com

健療施術院 藤沢本院 院長 鈴木直人
http://www.etc-karada.com/kenryou

川崎分院: 院長 飯島淳
http://www.kenryou.in

代々木上原分院: 院長 佐藤優
http://www.kenryou.jp

上野分院: 院長 田島健次
http://www.ueno-kenryou.com


本院院長の鈴木直人が、うつや自律神経失調症の
整体法やカウンセリングを直接指導した先生方が全国にいらっしゃいます。
当院が遠くてご来院できない方は、こちらも参考にしてください。
http://www.jiritunavi.com/semi-ninntei.html


自律神経失調症・うつ病ナビ  ココカラ
http://www.jiritunavi.com

女性のためのうつ病の手ほどき
http://www.utsu.asia

自律神経失調症net大辞典
http://www.la-rossa21.net

【 鈴木直人の著書 】
うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人
http://www.jiritunavi.com/book.html

 

JUGEMテーマ:健康

posted by: 自律神経ナビゲーター | うつ病と自律神経失調症 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |